ランドクルーザー70を高く売る方法

ランドクルーザー70の中古車市場における価値

ランドクルーザー70は1984年の発売開始以来、これまでに180か国以上で販売され100か国以上へ輸出されているトヨタ自動車の大型車です。 国内外で高い人気を誇り、現在も中東地域やオセアニア向けの販売が活発に行われています。走行状況を問わない走破性や過酷な環境でも使える耐久性を持ち、故障の少ない信頼性を備えた優秀なワークホースとして知られていますから、 中古車市場でも多くの需要がある車です。

ランドクルーザー70を高く売却するには業者選びが大切

ランドクルーザー70の売却を考えている方にとっては、売る機会が多くあるものです。しかし、ランドクルーザー70の買取や下取りを行っている業者だからといって、必ずしも中古車相場の最高値で買い取る訳ではありません。少しでも高い査定結果で売る事を考えている方は、業者選びが大切になります。

例えば、一般的な中古車買取業者に査定を依頼した場合、買取や下取り価格の相場として概ね20万円から60万円程度の価格を提示されるでしょう。車種と年式といった条件や、状態の良し悪し等により多少の買取り価格差がありますが、相場の変動を加味してもそこまで大きな違いはありません。

これよりも高く売却したいと考えているのであれば、輸出専門業者に査定を依頼する方法があります。ランドクルーザー70は日本国内で根強い人気がありますが、それ以上に 海外での人気が大きく買取価格も高いものです。その為、比較的良好な査定結果が得られる傾向にあります。

海外輸出業者が高く買取する理由

海外向けに日本の中古車が輸出される事は、現在ではよく行われているものです。日本では買い手がつきにくい水没車や廃車寸前の車も整備して輸出する事業が行われています。こういった業者にとっては、廃車同然の車であっても買取をしてくれる場合があります。部品を回収して別の車の整備に使う等の用途がありますので、車としては価値がなくとも残っている部品に高い価値がある為です。

輸出専門業者に査定を依頼しても損はない

輸出専門業者に売却する場合も、やはり条件や状態と相場の変動により価格は違います。しかし、走行可能な中古車の査定を依頼した場合は、概ね100万円程度の価格が提示されるでしょう。

ランドクルーザー70を中古車として売却したいと考えている方や、廃車同然だから処分したいと思っている方は、査定を依頼する業者候補の1社に輸出専門業者をリストに入れておいて損はありません。走行距離が長すぎて売れないと諦めたり、車体がボロボロで雨ざらしだったから駄目だと決めたりする前に、1度業者に見せてみると良いでしょう。